審美歯科・ホワイトニング

審美歯科歯を治療して何も問題がなくなると、さらにもっとお口の状態を良くしたくなります。そんなときに審美歯科では銀歯から白い修復物に替えたり、ホワイトニングで自慢の白い歯にしたりできます。

見出しが入ります。

銀歯とは、主に金銀パラジウム合金と呼ばれるもので、様々な金属からできている修復物です。頑丈で、保険適応で治療できるため、患者様側としては利点も多くあります。しかし、短所もあります。

まずは見た目が歯科治療の跡として目立つことが挙げられます。そして、4、5年で劣化し、歯との隙間が生じ、そこからむし歯菌が侵入し、内部でむし歯を再発させることもあります。他にも金属アレルギーの人は適応できないことや、アレルギーのない人にも発症させるリスクになり得ることも挙げられます。

特に二次カリエスと呼ばれるむし歯の再発は、気付かないことが多くあります。むし歯の治療をしたはずなのに、再度むし歯になってしまったら治療が意味をなしません。


メタルフリーなら、綺麗で長持ちの歯に

当院では、アレルギー発症リスクもある金属の被せ物からセラミックの物に替えることが出来ます。セラミックの補綴治療の際は、金属よりも多く歯を削る必要がありますが、それは歯とセラミックの接着に秘密があります。

金属の場合はセメントが歯と金属の間を埋める「合着」を行う一方、セラミックではレジンセメントを介し歯とセラミックが一体化する「接着」を行うのです。このため、金属の修復物のように、セメントが溶け出し、隙間ができ、そこからむし歯菌が入り込むといったことが起こりにくくなっているのがセラミックだと言えます。

このように見た目が良いだけでなく、より長持ちするのがセラミック治療です。メタルフリーな上に綺麗なセラミックに替えてみませんか?

補綴物の種類

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックの粒子とレジンを混ぜた補綴物です。セラミックよりも硬くはないため、噛み合わせの歯を削ってしまうことがほとんどありません。
またセラミックに比べると変色も起こりやすい材質です。セラミックであるため、金属アレルギーでも適応可能です。

オールセラミッククラウン

全体がセラミックでできた補綴物です。このセラミックの白さはほとんど経年変色を起こすことはなく、プラークもつきにくい材質です。
光をほどよく透過するので、天然歯の再現性が高いのが特徴です。

ハレの日に向けてホワイトニング

着色料が含まれた食品やタバコなど、私たちが日頃口にする物には歯を汚すものが沢山あります。それらを口にしないことで、自然と歯の着色は取れていきますが、実際は嗜好品を変えることは難しいでしょう。

ホワイトニングを行えば、歯磨きのように歯の表面を削ることなく歯を白くすることが出来ます。歯磨き後とは違う白い歯で、結婚式や式典、人前に立つハレの日を迎えてみませんか?

大事な機会のために、黄ばんだシャツは新調するのと同じように、歯も白くして臨みましょう。


ポリリン酸含入のホワイトニングを採用

当院ではポリリン酸を含むホワイトニング剤を採用しております。通常歯科医院で多いホワイトニングは、歯の表面の着色を分解して白くする作用があります。

ポリリン酸配合のホワイトニングは、それに加えて歯をコーティングし、歯質強化、着色予防の効果があります。安全性が高く、痛みを感じることも少ないという特徴があります。ホワイトニングで白い歯を手に入れたい方は、是非当院へお越しください。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日