入れ歯治療

入れ歯は失った歯を補う義歯治療の1つです。人工の歯肉と歯からなる義歯を顎堤に載せたり、隣の歯に引っ掛けたりして装着します。
歯は咀嚼や口腔機能の健全な状態の維持に大切な役割を果たす臓器であるため、歯を失ったら入れ歯で治療しましょう。

症状に合った義歯治療を

失った歯を補う方法は一通りではなく、同じ治療法の中にもいろいろなタイプの製品があります。患者様の治療目標に合わせた素材から選ぶことが出来ますので、ご相談ください。


差し歯

歯根が残っている場合に適応可能です。事故による前歯の破折、むし歯が主な適応原因です。残っている根の中を治療した後に土台を立て、被せものをします。金属の土台と冠の表面に白いプラスチックを貼り付けたものが保険適応の差し歯です。自費診療ではセラミックでできたものがあります。

ブリッジ

左右の歯を台として利用し、支台装置をつくり、連結した義歯を被せるようにして装着する方法です。機能的には天然歯に近い働きを得られますが、支台となる健全な歯を削る必要があります。削られた歯は脆くなるため、破折のリスクが発生します。しかし、近年では削る量を抑えた接着型のブリッジも登場しています。

部分入れ歯

残っている歯に金属の鉤(クラスプ)をかけて欠損部に装着する入れ歯です。ブリッジのように歯のみではなく、歯肉部分も人工のもので補います。レジンやセラミック、金属の人工歯があります。クラスプが目立つことや支持する歯に負担が生じる点が短所として挙げられます。一本の歯の治療から適応できます。

総入れ歯

残存する歯がない場合に適応する入れ歯です。人工歯部と床部から成ります。義歯はプラスチックや金、銀、チタン、セラミックなど、床部はレジンやチタン、金などの素材が使用されています。顎堤にくっつけるようにして装着します。素材によって熱伝導や重さ、装着感に違いがあります。

技工士と連携して製作する総入れ歯

当院は、特に歯科技工士と綿密に連携し、入れ歯の製作を行っております。細かな要望も漏らさず技工士に注文することで、成果物に反映させます。患者様がお求めの入れ歯をご提供いたしますので、義歯治療の際は当院にお任せください。


コバルトクロム床

比較的安価で提供することが可能な材料です。金属が持つ高い強度によって床を薄く製作でき、高い熱伝導率により飲食物の温冷を感知しやすいことが特長です。

チタン床

大変軽く、柔軟性があります。インプラントの材料としても使われるほど生体親和性が高いため、金属アレルギーでも適応可能です。金属床の中で最も薄いため、装着感も良好です。

ノンクラスプデンチャー

金属製のクラスプがないタイプの入れ歯で、目立たないため審美性に優れています。弾力性があるので、落としても壊れにくく、装着時に違和感がありません。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日