一般歯科

一般歯科では専門領域以外の一般的な治療を行います。主に、むし歯や知覚過敏、歯の破折などの治療を行います。
画像診断や諸検査を行い、原因を追究してから治療計画を立て、それに則って治療を進めてまいります。

見出しが入ります。

飲食の際に歯がしみると、美味しいものを味わう楽しみも半減してしまいます。その痛みは知覚過敏が原因かもしれません。知覚過敏はむし歯とは違い、痛みは冷たいものや甘いもの、熱いものを知覚した後の一時的なものです。

また、むし歯であれば歯自体も叩くと痛みます。 知覚過敏は露出した象牙質が原因で起こります。力を入れすぎてブラッシングをしたり、歯周病により歯肉が後退すると象牙質が露呈することがあります。歯科医院では知覚過敏の薬を塗布したり、コーティング剤でしみる部分を保護するなどの処置が可能です。

むし歯を放っておくと歯をボロボロにします

むし歯は子供から年配の方まで、
すべての年齢層が罹る可能性がある歯の症状の1つです。

むし歯ができると、蝕まれた部分は元の白い健康な組織には戻りません。残さずしっかり削って、修復物で歯の形を補う必要があります。

つまり、むし歯になってばかりいると、どんどん歯を削っていく必要があるのでやがては神経を抜いたり、抜歯したりすることになります。

進行したむし歯には、外部から見ると小さな穴が空いているだけでも、中は大きな虫歯が広がっていることがあります。そうすると、硬いものを噛んだ時に内部が脆くなっていて、歯が欠けてしまいます。これを防ぐためには定期検診に通って、なるべく初期の段階でむし歯を発見し、治療することが大事です。

むし歯はむし歯菌の活動が原因です

むし歯は、むし歯菌が歯垢の中で糖を代謝し、酸を産生することで、歯が溶ける原因のことを言います。歯が溶ける現象を脱灰といい、それを修復する働きを再石灰化といいます。再石灰化は唾液やフッ素が歯に付着することで起こります。この修復機能よりも脱灰の方が長く続くと、むし歯が進行してしまいます。そのため、むし歯にならないためには、こまめな歯磨きと糖分を採りすぎないことが有効です。砂糖を含む食べ物は一日一回にとどめ、長時間かけずになるべく早めに食べてしまいましょう。


むし歯の進行

初期むし歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。
適切なブラッシングやフッ素塗布などで治療することができます。

エナメル質のむし歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態。まだ痛みはありませんが、
冷たいものがしみることがあります。レジンで治療します。

象牙質のむし歯

象牙質までむし むし歯が進行した状態。甘いものまでしみる
ようになり、ときどき痛みます。インレー(詰め物)を詰めます。

神経まで達したむし歯

神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになり、
平時でも激しく痛みます。神経を除去する根管治療を行います。

歯根まで達したむし歯

歯根までむし歯に冒された状態。いったん痛みは引きます。
多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラント
治療を行います。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日