マタニティ歯科

妊娠すると、女性の体には様々な変化が起こります。まず、ホルモンバランスが変動します。それにより、個人により異なるつわり症状が起こったり、食生活や睡眠サイクルに影響が及んだりします。つわりは妊娠週数によっても変化します。
歯科治療を受診される妊婦さんのために、歯科医師にも妊娠中の体調の変化に対する知識が必要です。各種薬剤や麻酔、X線の影響についても熟知している必要があります。マタニティ歯科では、専門知識を有するスタッフが万全の状態で診療に当たります。

妊娠で口腔内環境も変化

妊娠すると、様々な要因から口腔内の細菌環境が悪化します。つわりの影響で吐き気がある方は、歯磨きがおろそかになり、むし歯になりやすくなります。また、妊娠中は唾液が酸性に変化するため、酸が歯を溶かす酸蝕症にもなりやすくなります。

さらに妊娠初期から妊娠末期まで増加し続ける女性ホルモンを好物とした歯周病菌が増殖し、歯肉炎が起きやすくなります。歯周病菌や炎症性物質は子宮収縮を促すプロスタグランジンなどの血中濃度を上昇させるため、早産を起こす危険性があります。

マイナス1歳からの予防を

妊娠による体調の変化がむし歯、酸蝕症、歯周病のリスクを高めるため、妊娠が分かったら早い段階で歯の治療は済ませてしまうことが理想的です。

「マイナス1歳からのむし歯予防」という表現がよく使われるように、妊娠した段階から子育ては始まっています。親の口腔内細菌は育児中に子の口の中へと移るリスクがありますので、病原菌の少ない口腔内環境づくりを目指しましょう。

妊婦さんにも安全な歯科治療を

妊娠中は歯医者に行きたくても、レントゲンや局所麻酔、抗生物質などの胎児への影響が心配になります。マタニティ歯科では母子ともに影響を受けない治療を可能な範囲で行いますので、ご安心ください。


治療について

妊娠初期は胎児の器官形成期であるため、できるかぎり対症療法を行います。妊娠中期は安定期であるため、簡単な外科処置を行うことができます。妊娠後期には大きくなったお腹が周辺臓器を圧迫し始めますので、体調に合わせた治療を行います。

レントゲンについて

撮影の際は、胎児が少しでも被爆しないようお腹に防護服を着けます。妊婦さん自身への被爆についても、健康への害がないほど極めて微量です。歯科治療の局所麻酔薬は妊娠全周期においてほぼ使用可能です。お薬に関しては比較的安全なお薬を最小限で使用・処方しますので、ご安心ください。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日