小児歯科

小児歯科 小児歯科では、毎日成長していくお子様のお口の成長が適切かどうか観察・処置したり、むし歯予防をしたりします。むし歯になりやすい乳歯は特に小児歯科で早めに予防処置をしておきましょう。小児から始める矯正治療は顎の成長を利用して、効率良く行っていきます。

見出しが入ります。

小児から保つお口の健康 子どものころに歯医者によく通った経験は誰しもがあることでしょう。実はその理由は、乳歯の方が永久歯よりも歯質が弱く、頑丈であるはずのエナメル質も薄いので、むし歯になりやすいからだったのです。

そこでむし歯になりにくい食習慣とケアを子どもの頃から身に着けさせることで、乳歯のむし歯と永久歯の歯列悪化を防ぐことが出来ます。

そして大人になってからも健康状態を保ち、80歳を超えても多くの天然歯で食事を楽しめることが理想です。小児から健康の土台をつくることで、多少むし歯や歯周病に罹っても、すぐに治して再び健康に戻ることが出来ます。

シーラント

シーラント 歯質の弱い乳歯を物理的にむし歯から守るために、リスクの高い箇所を覆ってしまう方法があります。磨き残しなどが出来ないようにするというこの方法はシーラントと呼びます。処置の手順としては、歯科用プラスチックを奥歯に塗り、固めるだけで済みます。年月とともに脱落する一時的なものですが、フッ素配合で歯質強化にもなりま

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素には歯を再石灰化する働きがあります。脱灰を起こした初期むし歯であれば、健康な状態に修復が可能です。薬事法により、市販の歯磨き粉に含入できるフッ素濃度には制限がありますが、歯科では高濃度のフッ素を塗布します。それによって歯質強化が期待できます。繰り返し行うことで更に効果が高まりますので、ご利用ください。

永久歯に生え変わるようにしよう

永久歯に生え変わるようにしよう 小さいお子様の親御さんの中には「乳歯がむし歯になっても、どうせ抜けるから大丈夫」とお考えの方はいませんか? 乳歯は確かに抜けて永久歯に生え変わります。

しかし、乳歯は役目もなく生えて抜けるのではなく、永久歯のために場所を確保し、明け渡すという役割があるのです。むし歯になってしまい、抜歯を余儀なくされたり、抜ける時期が遅れると永久歯の歯列に影響します。

また、自分で食物を噛む力をつける大事な時期である学童期にむし歯になってしまうことで、歯をかばい、偏った咀嚼を覚えてしまうおそれもあります。何れ抜ける乳歯ですが、適切な時期に生え変わるように健康な状態を保ちましょう。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日