歯周病治療

歯垢の蓄積は歯肉の炎症を招き、やがては歯周炎に進行します。歯周病は歯肉炎から歯周炎を含む歯周組織の病気です。
これに罹ると、長い年月をかけて歯周組織が破壊されていきます。治すためには基本的に歯垢・歯石の除去を行います。

歯周病って何?

歯周病は歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。歯周病原因菌は歯垢に潜んでいるため、歯石があるとそこに歯垢が付着しやすくなり、細菌の温床となります。
歯石は歯磨きでは除去できないため、歯科医院でスケーリングという歯石除去の処置を受ける必要があります。

歯肉炎が進行すると歯周炎となり、歯槽骨が吸収されるため、むし歯のような急性の痛みはなくても、できるだけ早いうちに治療が必要です。


定期検診が最善の予防策

歯周組織再生療法は万能のように聞こえますが、適応症が限られています。だれもが破壊された歯周組織を治すことが出来るわけではないため、早期発見に務めましょう。それには定期検診を受けることが一番の近道です。そして治療を終えたら、引き続き検診を定期的に受け続けることで、病気の兆候が発見されやすくなります。

長い間定期検診を続けると、そうでない場合よりも数倍、歯周病が原因で歯を失いにくいという研究結果もあります。

歯周病治療の流れ

初診

歯周病検査を行い、症状の診断を行います。その後、治療計画を立案し、同意いただけたら治療を開始します。

歯周基本治療

プラークコントロール、スケーリングを行い、歯石を除去します。

歯周病検査

再度歯周病検査を行い、治療の予後を確認します。

歯周基本治療

まだ歯石が残っている場合は、SRP(スケーリング&ルートプレーニング)を行います。

歯周病検査

再度歯周病検査を行います。必要に応じて治療計画を修正します。

歯周外科治療

歯周ポケットの奥にまだ歯石が残っている場合は、フラップ手術を行い、歯石を取り除きます。

クリーニング

周病菌の数を減らすことを目的とし、歯と歯肉内のクリーニングを徹底的に行います。

メインテナンス

1~6か月を基本としてメインテナンスにお越しいただきます。

歯周病の治療は歯垢・歯石除去が基本

歯周病の予防にはプラークコントロール、つまり歯垢を付けないようにすることが大事です。歯垢の中にはたくさんの細菌がいて、3日程度で病原性を発現するようになります。そして2週間以上経過すると硬化して歯石となります。歯石は歯ブラシでは取れないため、歯垢の形に留まっているうちに除去する必要があります。

プラークコントロールは日々の丁寧なブラッシングと、定期的な歯科医院での歯石除去から成ります。

ブラッシングの後は、出来れば更に歯間ブラシかデンタルフロスで歯間を掃除しましょう。それでも歯石ができることがありますので、定期的に当院にて歯石除去をに受けていただくと、歯周病は予防できると言えます。

症状に合った歯石除去の方法を

スケーリング

歯にこびりついた歯石や歯垢を除去することです。スケーラーという器具を使用し、歯面に沈着した歯垢、歯石、歯間の汚れを機械的に除去していきます。最初は施術時にチクチクと感じるかもしれませんが、歯周ポケットが浅くなるにつれて段々和らいでいきます。

ルートプレーニング

細菌に感染してしまった歯根の表面(セメント質)を取り除き、磨いてツルツルにします。感染してしまった組織は元に戻らないため、基本的に除去します。歯垢は歯石のような粗い表面に付きやすく、反対に滑らかな歯の表面には付きにくい特徴があります。

フラップ手術

歯周ポケットが深いと、スケーラーが上手く奥まで入らず、歯石を取ることが出来ません。そこでメスで歯肉を切開し、目視で歯石を除去し、表面を滑らかにするフラップ手術を行います。歯石除去が終わったら、歯肉を元に戻し縫合します。歯周ポケットを清掃すれば、歯周組織は改善します。

歯周組織再生療法で難症例の方も病気の改善へ

歯周病原細菌に感染した組織は除去する必要があります。除去した組織は完全には元には戻せません。重度の歯周病になるほど、簡単に治すことは難しく、抜歯という選択肢が多くなってしまいます。

他院で抜歯を勧められたような方も、できるだけ歯周組織を元に戻す治療を行うのが歯周組織再生療法です。吸収してしまった歯槽骨を可能な限り回復させ、歯の動揺を改善します。


エムドゲイン

エムドゲインゲルという薬を患部に塗ることで、本来備わっている骨の再生能力を発揮させる療法です。この薬はブタの歯ができる時のタンパク質(エナメルタンパク)で出来ていて、世界中で使用されている生体材料です。厚生労働省の認可もされており、歯周組織再生の多くの実績を誇ります。


手術としては、麻酔をし、歯肉を開いて、付着している歯石をきれいに取ります。その後エムドゲインの薬を入れ、糸で縫い、約10日~14日後に抜糸します。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日