予防歯科

予防歯科では定期検診、クリーニング、スケーリングなどを行い、むし歯・歯周病の予防を行います。歯列の乱れや噛み合せの悪化が見られるときは矯正治療のご案内をすることもあります。お口の健康を保つためには予防歯科を最重視しましょう。

唾液検査でリスクを知ってから予防へ

歯の病気の予防意識を高めるには、お口の中の現状を知ることが大切です。スポーツクラブでは、会員は入会後に体組成を測って身体の現状を把握した上でトレーニングを始めます。

同じように歯科医院でも、やみくもにクリーニングを行うのではなく、どこを改善すべきかをお知らせすることで問題意識が芽生え、生活習慣の変更やケアの改善の動機になります。

当院では、口内細菌を調べる唾液検査を行っておりますので、患者様のお口にあった予防処置を行うことが出来ます。

唾液検査って何?

唾液検査はサリバテストととも言って、ガムを5分間噛み、唾液を採取し、観察する検査です。唾液の能力と細菌を調べることが出来、むし歯リスクを知ることが出来ます。唾液には口腔内を中和したり、菌に抵抗する力があります。

むし歯菌は歯科医院でのクリーニングや丁寧な歯磨き、フッ素ジェルの使用、糖分制限で減らすことが出来ます。細菌数が減ればその分むし歯はできにくくなります。

この検査は自費診療扱いですが、将来的にむし歯や歯周病によってかかる治療費のことを考えると、先々に予防を行い、病気にならない方が低いコストで賄えると言えます。


唾液検査で分かること

  • 唾液の分泌量

  • 唾液の緩衝能

  • むし歯菌の数

0~1歳からの予防

むし歯のリスクは1歳頃の様々な離乳食を食べる時期から始まります。歯垢が付きはじめるこの時期に何もしないと、確実にむし歯になると言えます。ガーゼなどでお口の中を掃除されていたお子様も、1歳を超えたら歯ブラシをお口の中に入れてみましょう。歯ブラシで磨くというより、歯ブラシが口に入ることに慣れさせましょう。

当院では、0歳のお子様から食事指導を含めた予防を行っています。初めの歯が、生後6か月ごろに生えてくるのを目安に受診ください。

P.M.T.Cでツルツルな歯に

P.M.T.C.とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「歯科医院にて歯のクリーニング用器具を用いて行う、お口の中の清掃」のことです。

専用の機器とフッ化物入りペーストを用いて、普段の歯磨きでは取れないような汚れを除去します。歯垢や細菌が形成する歯に付いたバイオフィルムというヌメリを取ることで、歯磨き以上の滑らかな歯面になります。ゴム製の器具で掃除しますので、痛くはありません。歯ブラシだけではとれない汚れは蓄積するため、定期的なP.M.T.Cの受診をお勧めします。

お問い合わせ

TEL 055-236-1818

【 診療時間 】月・火・木・金 9:30 - 13:00/14:30 - 19:00 | 土 9:00 - 13:00/14:30 - 17:00
【 休診日 】水・日・祝日